2013/12/09

さくらのVPSのCentOS 6.5でDockerをさわってみた

はじめに

2013/11/21にRHEL 6.5がリリースされ、コンテナ型の仮想化ソフトウェア「Docker」への対応が発表されました。
以下リンク先の情報の通り、完全に「Docker」がサポートされた訳ではないため、利用するには外部リポジトリからDockerのパッケージを追加する必要があります。

なお、Dockerも2013/11/26にバージョン0.7がリリースされ、主要Linuxディストリビューションへの対応が発表されました。その中にはRHELも含まれています。

RHEL6.5に追従して、先日(2013/12/1)、RHELのクローンとなるCentOSのバージョン6.5がリリースされたので、CentOS 6.5の環境にDockerをインストールしてみました。以下に記載します。

2013/11/17

RubyのFeedライブラリ"Feedzirra"でFeedの情報を取得してみる

はじめに

Railsの勉強のため、簡単なRSSリーダーを作ってみて、その中で利用しているFeed取得・解析用のRubyライブラリ"Feedzirra"というものについて、基本的な使い方等を簡単なメモとして記載しておきます。

2013/10/05

FreeBSD 9.1-RELEASEをFreeBSD 9.2-RELEASEへアップグレード

はじめに

2013年9月30日にFreeBSD 9.2-RELEASEがリリースされました。ZFSやDTraceといった注目の機能が強化されているようです。

早速、さくらのVPSで使っているFreeBSD 9.1-RELEASEをFreeBSD 9.2-RELEASEへアップグレードしましたので、その際の手順を記載しておきます。

2013/09/15

CentOS 6.4へPostgreSQL 9.3のRPMパッケージをインストールする

はじめに

2013年9月9日にオープンソースのRDBであるPostgreSQLの最新版となる「PostgreSQL 9.3」が正式にリリースされましたので、CentOS 6.4環境へインストールしてみました。

以下ではCentOS 6.4環境へのPostgreSQL 9.3のインストールからデータベースへ接続するまでを記載しています。

2013/08/31

HWの情報を取得できるdmidecodeコマンドが結構便利だと思った

はじめに

普段はあまりないかも知れませんが、HW構成などに関する詳細な情報を確認しなければならないことがあります。

例えば、サーバで物理的な故障が発生したとき、メーカー製のサーバであればサポートへ問い合わせて保守対応をしていただくことになりますが、問い合わせを行ったとき、故障した箇所や内容によってそのHWに関する情報を求めらることがあります。
HWシリアル番号、BIOSのバージョン情報、搭載されているメモリモジュールのメモリサイズ・数…等です。

そういった情報が分からないときにわざわざ電源を落としてBIOSの画面等から調べる…といったことはなかなか出来ないことが多いですが、Linux系OSであれば、そういった情報を知りたいときにdmidecodeというコマンドを利用できます。

2013/07/06

PHP GDの"JIS-mapped Japanese font support"オプションが有効になっている場合にZabbixグラフの日本語文字が文字化けする

はじめに

日本語フォントを利用しているのにZabbixのグラフで日本語文字が文字化けしてしまいました。
原因は、長いタイトルの通りPHP GD(グラフィックライブラリ)のJIS-mapped Japanese font support (文字列をSJISへ変換するオプション)が影響していたためであったようで、それについて調べたことをまとめておきます。

2013/06/10

AWS Summit Tokyo 2013 (Day 2) に行ってきました

はじめに

2013年6月5日(水)、6日(木)の2日間、東京で開催されたAmazon Web Serviceのクラウドカンファレンス「AWS Summit Tokyo 2013」のDay2(6日(木))へ行ってきました。

2013/05/21

FreeBSD 9.1-RELEASEでDTraceの機能を有効にする

はじめに

FreeBSD 9.1でDTraceを試してみようとと思い、その機能を有効にしてみました。その手順をまとめてみます。
※ここでは、DTraceの機能を有効にする手順を記載しており、使い方などは記載していません。

2013/05/18

さくらのVPSのCentOS 6.4環境でChef 11を使ってみる [Cookbook, Recipeの作成 / Nodeへの設定反映]

はじめに

前回は、2つのさくらのVPSのCentOS環境を用意して、1台にChef-Server、及びWorkstation環境を、もう1台にNode環境をセットアップしました。

2013/04/26

さくらのVPSのCentOS 6.4環境でChef 11を使ってみる [Server / Workstation / Node構築]

はじめに

最近注目され始めているChefをようやく自分でも触り始めているところですが、一旦Chef Server/Clientの構築周りについて整理します。ここでは2台のマシンを用いて、1台のマシンにChefのServer環境とWorkstation環境を、もう1台のマシンにChefのNode環境を構築する手順をまとめています。NodeへのRecipeの実行する手順などは記載しません。

2013/03/21

MyNA会(日本MySQLユーザ会) 2013年3月 へ参加してきました

はじめに

MyNA会(日本MySQLユーザ会) 2013年3月 へ参加してきました。

2013/03/11

PostgreSQLのベンチマークツール TPCC-UVa を試す

はじめに

PostgreSQLのベンチマークを行う際、pgbenchというツールはPostgreSQLに付属していることもあり、よく用いられると思います。

2013/03/06

CentOS 6.3のカーネルのソースコードを取得する

はじめに

いろいろな書籍や雑誌、WEBサイトの記事等を読んでいくなかで、Linuxカーネルのソースコードを見たい時(きちんと読める訳ではありませんが…)が何度かありましたので、自身のCentOS 6.3環境にソースコードを取得して、それを参照できるようにしてみました。

2013/02/26

CentOS 6.3でrbenv環境(ruby-build)のアップデートとRuby 2.0.0-p0インストール

はじめに

2013/02/24 Ruby 2.0.0p-0がリリースされたとのことで、rbenv管理でインストールしてみました。

2013/02/24

第15回 FreeBSD勉強会へ行ってきました

はじめに

第15回FreeBSD勉強会へ行ってきましたのでそのまとめです。
理解できていなかった部分や聞き取れなかった部分等は後で調べたりして記載していますが、誤りなどがあれば申し訳ありません。

2013/02/23

シェルスクリプトでFizzBuzzワンライナーを書いてみた

はじめに


Qiitaでも投稿しましたが、オープンソースカンファレンス2013 Tokyo/Springで聞いた以下のセッションの内容を元に、自分でもシェルスクリプトでFizzBuzzのワンライナーを書いてみました。

2013/02/17

CentOS 6.3にRails実行環境を構築する(Nginx+Rails+Unicorn+PostgreSQL)

はじめに

さくらのVPSのCentOS 6.3環境にRails実行環境を構築してみましたのでその手順まとめです。

Railsの実行環境は、production(本番運用環境)、test(本番環境と同等テスト実行環境)、development(開発環境)の3つがあります。一般的にproducution環境はApacheやNginxなどのWebサーバと連携して利用し、development環境はRailsに付属されているWEBrickというWebサーバを使ってローカル環境で動作確認するために使うことが良さそうですが、ここではNginx,Unicornも含めた開発環境のテスト構築のため、development環境のみにて環境構築をしています。

2013/01/29

さくらのVPSにインストールしたFreeBSD 9.1-RELEASEの初期設定

はじめに

以前本ブログで記載した"こちら"の記事の内容を元に、さくらのVPSのISOイメージインストールを利用して、FreeBSD 9.1-RELEASEのISOイメージからFreeBSD 9.1でのZFS FileSystem環境を構築したので、その際に行ったOSの初期設定についてまとめました。

2013/01/27

CentOS 6.3にrbenv + ruby-buildでRuby実行環境を構築する

はじめに

MacにRuby実行環境を構築してみましたが、さくらのVPS上のCentOS 6.3にもrbenvと、Rubyインストール用のrbenvプラグインであるruby-buildを利用してRuby実行環境を構築してみました。

2013/01/20

Mac OS X 10.7.5 (LION) でRails3のscaffoldを使った簡易アプリケーションの構築

はじめに

前回までで、Apacheと連携させたRuby on Rails環境の構築が完了しました。
今回は、開発環境の最終段階として、構築したRuby on Rails環境をBDと連携させて簡易なアプリケーションを動作させてみました。
Railsで利用する標準DBはSQLiteになってますが、他にもMySQLやPostgreSQLを使用することができます。
ここではMySQLを使ったRuby on Rails環境の構築のため、MySQLをインストールし、Railsとの接続を試してみましたのでここにまとめ、記載致します。

Mac OS X 10.7.5 (LION)でRuby on Railsの実行環境を構築する

はじめに

前回、Mac OS X 10.7.5 (LION)へRubyをインストールしました。
今回はそこにRuby on Rails環境を構築して、簡易Webアプリ作成し、動作させてみました。

2013/01/15

Mac OS X 10.7.5 (LION) へrbenv + ruby-buildを利用してRuby実行環境を構築する

はじめに

Webアプリ開発の勉強の目的で半年ほど前にMacBook Airを購入したままながらく放置していましたが、ようやく環境構築に取り組もうと思い立ち、Rubyのインストールを行いました。
勉強対象とする言語は特になんでも良かったのですが、Twitterやgithub、Cookpadなど様々なWebサービス利用されているRailsの登場により人気が出てきているRubyを使ってみようと思った程度です。

2013/01/11

FreeBSD 9.1-RELEASE で ZFS Root FileSystem 環境を構築する

はじめに

昨年末(2012/12/31)に正式アナウンスされたFreeBSD 9.1-RELEASEですが、早々にインストールする機会がありましたので、ZFS Root FileSystem環境となるように構築しました。

2013/01/01

ブログを開設しました

明けましておめでとうございます。

2013/1/1、いまさらながらブログを開設しました。

Tumblrなどほかのブログサービスの利用やレンタルサーバ、VPSなどでの運用などいろいろ考えましたが、別URLで試運転していたところ、無料でカスタマイズ性が高く、広告付与などもないBloggerを利用することに決め、2013年が始まったのを機に新規で立ち上げることにしました。
基本的に技術的なことに関してやったことなどいろいろ記載していくことになると思いますが、よろしくお願い致します。